こんにちは、最近SEに変えようかななんて考えてます。
Tさんです。

タイトルの割りに掴みは別の事いってますね、すいません。

でもここ最近よく写真を撮ったりするんですけど
意外といいもんですね。

iPhone5。

まだまだ捨てたもんじゃねーんだな!!!
何て事を考えさせられますね。

もちろんしっかりとカメラが起動することが大前提ですけども!!!
蜀咏悄 2016-04-19 5 19 45

どうですか!!!

意外と良く撮れてません??
これは一応iPhone5で撮った写真です。

加工なども特に入れてませんので、結構キレイに撮れていると思います。
そんなまだまだ現役を張れるアイフォン5の修理価格はこちら!

<iPhone5 修理価格>

  • バッテリー交換・・・・・7800円
  • フロントパネル交換・・・13800円
  • パーツ交換・・・・・・・7800円
  • ホームボタン交換・・・・7800円

カメラ交換はこの中のパーツ交換に入ります。

2か所同時の修理だと+3000円から出来ますので安く修理できちゃうかも・・・。
アイホン5の方はまだあきらめないで頑張って使ってみましょう!!!

頭の片隅に入れておこう!~神社の都市伝説(?)~

今月起こった熊本での震災。
それに加えて3・11の東日本大震災。

どちらも海辺が近い場所だとどうしても起きてしまうのは
地震のみではありませんよね。

そう、「津波」です。

Tさん自体は確かに東京の町田なんていう水辺もくそも関係無いところに住んでいます。
こういってしまうのも本当に申し訳無いですが、Tさんは被災者の傷はわかりません。

確かに東日本大震災の時はかなり揺れて怖かった覚えがあります。
けれどそれでも現地の人に比べたらとは思います。

しかし、ここ最近地震が増えてきていずれは「東海大地震」が起こるのでは?
なんていう話も聞きますので少し都市伝説をなぞらえてこんな形で記事を書こう
と思います。

津波が来たら神社へ!

昔から言い伝えがあるみたいですね。

確かに神社と言えば階段を上ってお参りしに行くため、
高いところに多く有るイメージがありますね。

単に神様が見下ろせる場所だからというのもありそうですが。

しかしこんなデータがあるそうです。

福島県の海岸を示す地図です。水色の部分は津波が到達した部分です。赤い点は神社を示しています。被災地の神社の位置とその不可思議な配列に気づきます。

海洋プランニングという土木調査会社に勤務している熊谷氏は、震災後、福島県の沿岸部で、土木学会の依頼で、津波の被害を調査しました。そこで不思議なことに気づいたという。

それは、津波が到達した浸水線をたどると、なぜか神社が現れる。それは偶然ではなく、神社のすぐ前まで波が押し寄せたにも拘わらず、そこで津波が止まった。そういう神社がとにかく多いのである。

これは驚きですね。

実際の図がこちらです。

この赤い点が神社らしいのですが、どうやらほとんどが神社の手前で水が止まったり

等しているみたいですね。

つまり昔の人のいうことは馬鹿にしてはいけないということになります。

勿論過信しすぎるのもどうかとは思いますが、それでも覚えておいて損はないです。

いざ自分がそうなった時、近場に高い建物が無い時。

あきらめてしまうんですか?

違いますよね。
あきらめないで逃げる思います。

そうなった時少しでも知識があるのと無いのとだと大きな差が生れます。

そうならないためにも知識は身につけなければなりませんね。

明日は我が身です。

何があるかわからないのが人生ですし、地球です。

少しでも長く生きれるようにしていきたいですね。

さらに詳しくはこちらの記事を読みましょう。
他にもたくさん、まつわることが書いてありますよ(^▽^)/

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://by-s.me/article/124055827504034872

それでは次回の更新もお楽しみに!!

<><><><><><><><><><><><><><><><><>

[ 町田駅から徒歩1分 ]
〒194-0013 東京都町田市原町田6-8-1 109MACHIDA 3階
TEL:0120-905-135
メール:iphonematida109@gmail.com
営業時間:10:30~20:30 休店日:1月1日元日
HP:http://iphonechildren.net/
Facebookページ:http://facebook.com/keitaimachida/
twitter:http://twitter.com/iphonechildren
LINE@ID:@vnc0275b